週一映画館

週一映画館

映画のレビューと音楽活動、筋トレブログです。

『許された子どもたち』そして過ちは繰り返される

2013年 日
ジャンル・ドラマ
監督・内藤瑛亮
主演・上村侑

 

光市川崎中学の事件を元に作られた少年犯罪をテーマとしたドラマ映画。
ニコ生配信者や加害者側による本の出版等、当時世間を騒がせた衝撃的な出来事も再現されていて、臨場感のある作品となっています。

苛めの延長で同級生の(いつき)を殺してしまった中学生の絆星(きら)。
監視カメラやラインの履歴からすぐに容疑をかけられるが、母親の嘘のアリバイ供述と、証拠不十分で不処分となってしまう。

絆星はただの卑怯者です。
根っからのサイコではないので更正の芽はあったと思います。
「あなたの幸せを一番に考えている」と絆星に言いきかせる母親ですが、過ちを認めないで生きていくことは、絆星にとって不幸でしかありません。
キラキラネームからも分かりますが、母親は完全に息子の人生を軽視しています。
息子思いの良い母親に見えますが、毒親です。

絆星の焦燥感と行き場のない心がダイナミックに描かれていて、見ていてる側の感情を揺さぶります。

それでも絆星の後悔の裏にあるのは、自身が救われたいという気持ちのみです。
樹の母親に投げつけられた「自分の罪と向き合いなさい」という言葉の意味を知るには、絆星はまだ若すぎます。
自分の人生を優先させてしまうのもある意味当然。

タイトルは「許された子供たち」ですが、実際は許されたのではなく、「なかったこと」にされているのです。
結果、絆星は「殺した」自分と「殺してない」自分との狭間で生きていくことになります。
そうした心の葛藤を繰り返していくことで、いつか自分の罪と向き合える時がくるのかもしれません。
ただ絆星が最後に話した夢の話、事件を吹っ切ったとも思える前向きな解釈と表情から、その可能性のないことが分かります。
ゾッとする終わり方ですね。

少年犯罪に関しては思うところがいくつかありましたが、加害者側に対しては容易な避難感情しかなかったのかもしれません。
加害者側の視点で語られる本作は大変見ごたえがあり、自分なら親としてどうするか等色々考えさせられました。
同情はしませんが・・。


シリアスな作風の中、ぽつんと置かれるギャグ?が気になります。
↓路上でいきなり地味なメガネっ子にボディブローの制裁を受ける絆星。そしてわざとらしく落としたボクシンググローブを拾い、去っていく少女。
同監督の「先生を流産させる会でも主犯の少女が突然大阪弁を話したり(笑)
伏線も何もないのでびっくりします。

 

100

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

許された子どもたち(豪華版) [DVD]
価格:3837円(税込、送料別) (2022/9/29時点)


 

『プラットフォーム』パンナコッタが残ってる?!ナンテコッタ?!

2019年 西
ジャンル・ホラー
監督・ガルダー・ガステル=ウルティア
主演・
イバンマサゲ

閉ざされた四角い部屋で目を覚ますゴレン
上下にはが開いていて同じ部屋が無限に繋がっている。
しばらくすると上から大量の料理が台座に乗って降りてくる。
料理は上の階の人間の食べ残し
数分の食事時間を過ぎると台座ごと下の階へ降りていく。
階層は一月ごとランダムで変わり、同室者のトリマガシはすでに1年以上この建物にいると言う。

ここで生き抜くためには連帯感(協力)が必須です。
なのにここにいる人間はひたすら目の前の欲求に固執していて、まるで知性が感じられません。
下の階へつばを吐き、糞を浴びせます。
絶望的です。

ただ「こうなってほしい」「こうなるべき」という視聴者の思惑とまるで違う方向へ話が進みつつも、ある種のハッピーエンドに行き着いたと言える本作は傑作だと思います。
謎は多いですが、矛盾も少なく考察のしがいがあるのも魅力。

※以下ネタバレ考察。

伝言としていたパンナコッタを子供に与えてしまい、代わりに子供を0階へ送ったゴレン。
手つかずのパンナコッタがメッセージになるのは分かるのですが、何故子供がその代わりになるのか?
自分にはよく分からないのでそこは触れませんが、結論から言うと、そもそもが333階に”子供はいなかった”のだと思います。

理由として、まず施設の元職員が「子供は入れない」と断言していたこと。
0階でパンナコッタを手にした管理者が激昂している様子が映し出されていたこと。
↓(管理者にいちゃもんをつけられるジャンレノと爆笑問題田中さん?)

施設の元職員がミハルを収用したのは8年前だということから、ミハルが施設内で生んだ子供だと考えられなくもありません(性別が合わないのは謎)。
ただ子供なら黙ってベッドの下に隠れていられますが、赤ちゃんはそういう訳にはいきません。
ましてや最下層、住人に見つかってカニバられる可能性大です。
いや既にそうなった後だったのかも。
そう考えればミハルの殺伐としたキャラクターも頷けます。

月始めの移動時に職員に見つかっていれば救出されていたと思われますが、ベッドの下に隠されていたうえガスで眠らされているので気付かれなかったのだと思います。
なにより管理者に認知されていない子供がちゃんとした子供服を着ているのがおかしいのです(どこから調達した?って話です)。

ゴレンが見ていたのは子供の亡霊だったのかもしれません。
もしくは333階についた時には既に絶命寸前で、幻覚を見ていたのかも。

 

90

『氷の微笑』どこ見てんのよ!!!

1992年 米
ジャンル・サスペンス
監督・ポール・バーホーベン
主演・シャロン・ストーン

 

行為中の男をベッドに縛り付け、アイスピックで滅多刺しにするブロンドの女。
いきなりのショッキングシーンに度肝を抜かれます。
鼻の横から突き刺さったピックが鼻の穴を貫通するなど、中々のグロ描写。
それもそのはず、監督はあのロボコップバーホーベン監督、ホラーは撮らないけどグロ描写のクオリティがやたら高いことで有名です。

被害者との男女関係から即効容疑をかけられるキャサリン
しかし一切の動揺も見せず、いけしゃあしゃあと嘘を連ねていきます。
その堂々たる振る舞いは、実は他に犯人がいるのではと勘ぐってしまうほど。
ミステリアスなキャサリンの人物像が、真実をねじ曲げていくかのようです。
まぁ実際他に犯人がいたとしたら興ざめなのですが。

有名なシャロンストーン足組み換えですが、このシーンだけ切り取ると過剰反応のように思えますよね(笑)
どんだけパンチラに飢えてんのかと。

説明すると、事前に下着を着けないでスカートを履くシーンが撮られているのです。
そりゃ「え?!」ってなりますよね(それが狙い)。

実際見えていたかどうかは一瞬なので分からない、というか見えないように上手くやっているのです。
「いや、そうは言いつつ~」なんてこともありません。
そもそも見えてたらアウトですし、明らかに見えてるシーンではボカシ処理も入ってます。
「でも万が一・・」という疑念もあるかと思いますので、フレーム単位のコマ送りで確認してみることにしました。

 

 

結果・・

見えません!!
太腿の肉が邪魔?していたり、影でよく見えません!(どういう感情?)
っていうかシャロンストーンのあそこ見たいか(コマ送りまでして)って話です。
そういうことです。

 

70

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

氷の微笑 [ マイケル・ダグラス ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2022/9/12時点)


 

ソシャゲは危険

ソーシャルゲームは危険です。
市販のゲームは大概”終わり”があるのですが、ソーシャルゲームにはそれがありません。
オンラインでプレイすることにより、ゲームのクリアそのものよりも、上位へのランクインや、次々と公開されるアイテムの獲得が目的になってしまっているからです。
実際ゲームには飽きてきているけどランクが気になって止められないという知人もいます。

ゲームで得られる爽快感などはストレス発散にもなりますし、それなりのメリットも存在します。
ただしランクやアイテムには何の意味もありません。
リアルじゃないからです。
そこに費やす膨大な時間だけがリアルに反映されます。


久々(十数年ぶり)にゲームでもやってみるかと麻雀とビリヤード(選択がおっさん)を嗜みましたが、3日でアンインストールしました(苦笑)。
面白すぎる反面、中毒性が高いので他のことが手付かずになる危険性を危惧したからです。

何をもって有意義、無意義とするかは人それぞれですが、リアルの時間は限られているので、後々後悔しないことに使っていきたいものです。

 

『男たちの挽歌最終章』 ジョンウー節炸裂!!

1989年 香
ジャンル・アクション
監督・ジョン・ウー
主演・チョウ・ユンファ

 

律儀で心優しい殺し屋ジェフリー
ある夜、仕事中に誤ってバーで歌っていた女性(ジェニー)の目を傷つけてしまう。
ジェフリーはジェニーの治療費を稼ぐため、最後の殺しを引き受ける。

日本の配給会社が勝手に男たちの挽歌最終章とつけてますが、挽歌とは全く関係ありません。

なんやかんやこの後も、チョウユンファ主演の別タイトル作品に「新、男たちの晩歌」とつけられてますし、、沈黙セガール現象ですね。
ただし泥臭い友情劇、男の美学、裏社会における仁義を描いた世界観は挽歌そのもの。
チョウユンファ始め、お馴染みの顔ぶれもちらほら。
2丁拳銃による至近距離での滅多撃ちなど、ジョンウー監督ならではの演出も健在!
挽歌ファンなら間違いなく楽しめる映画です。

危険をかえりみず、組織からジェフリーの報酬を取り立てるシドニー
と呼ばれながらも組織へ一矢報いるその姿に胸を打たれます。

ジェフリーを追ううちに、その人柄に感化されていくリー刑事(本作で最も感情移入できる人物)。
互いを認め合い、共通の的と戦う二人。
銃弾とが飛び交う協会での激闘は、芸術的で美しくすらあります。 

そしてまさかの春琴抄
「お師さまの世界へやって参りました!」的な。
殺し屋のラブストーリーに切ないラストはつきものです。

白ワンピースの少女が凶弾に倒れるのはもはや定番。
美少女でなく、ぶさ可愛いのがリアル◎

 

90
映画に登場する銃にも注目。
挽歌でお馴染みのベレッタM92F  90年代映画に欠かせないH&KMP5
教会での銃撃戦で打活躍!!

メジャーな銃が使われるなか、狙撃に使われるAK47ドラグノフはかなりマニアック。

『死霊のはらわた』イカスわ?!

2013年 米
ジャンル・ホラー
監督・フェデ・アルバレス
主演・ジェーン・レヴィ

 

死霊のはらわた初のリブート作。
オリジナルの良さを継承できているかと言うと難しいですが、そこを考慮しなければ中々に良く出来た作品です。

麻薬中毒ミアを更正させるため、山小屋に集まった兄のデビットと友人達。
地下で見つけた死の書に記された呪文を唱えてしまったことから、一人また一人と悪霊にとりつかれていき・・。

スプラッタコメディであったオリジナルに比べ、こちらは徹底したシリアスゴア
特に自虐の描写が凄まじく、本作の見所の一つとなっています。↑悪霊に手を乗っ取られ、キッチン用の電ノコで自らの手を切り落とすナタリー。
切るのに時間がかかる分、余計にグロく感じます(このあと電ノコを左手に装着して・・とはなりません)。

他にも圧力式の釘打ち機を銃代わりに使ったり、道具にこだわりを感じます。
ホームセンターとかで「あ、これは使えそう」とか日常的に考えてるんでしょうね。
デッドライジング(カプコンのゲーム)的な発想です。 しかし最後はやはりチェーンソー

悪霊「お前を食ってやる」
「お前が喰うのはこれだ」

ズギャーーーン!!

血の雨が叩きつける中、チェーンソーを悪霊の口に突っ込むミア。
相手が悪霊なので笑って?見てられますが、これが人間だとしたら相当えげつないです。

ちなみにこのシーン、呪怨を見た監督が「こんな地面を這ってるだけのやつ(伽耶)なんて上からブッ刺してやりゃいいじゃん♪」という発想から生まれたとか(嘘)。

 

80


 

『グリーンインフェルノ』残虐まな板ショー

2013年 米
ジャンル・ホラー
監督・イーライ・ロス
主演・ロレンツァ・イッツオ

 

先住民から強制的に土地を奪う侵略者達。
実態を世に知らしめるため、アレハンドロをリーダーとする慈善活動グループがジャングルへと降り立つ。
しかし彼らを載せた飛行機が突然火を吹き墜落。
生き残ったメンバーはヤハ族(食人族)に捕まってしまう。

森林破壊問題に関して興味もあったので、入り口からぐんぐん映画に引き込まれました。
アレハンドロが売名目的の糞野郎と分かってからは、まんまとB級ホラー(本題)へ移行していきます。
おそらく2010年代のホラー映画ではトップクラスのグロさ。

ヤハ族の襲撃にあいながらも、儀式(解体)のための飲み物を飲まされ、「ありがとう」と礼を言う心優しいジョナ。
これから起きる事がまるで想像できていないのが怖すぎます。
そしてそのまま台座に寝かされ四肢をもぎ取られていきます(これはどう考えてもアレハンドロの役目でしょうよ)。

恋人のものと知らずに、ヤハ族に手渡された肉を食べてしまうエイミー
皿に残った恋人のタトゥーが入った皮を見て、突発的に皿の破片で喉を掻き切るシーンはエグ過ぎます。
イーライロス監督は絶対サイコパスですね。

続編を思わせる終わり方ですが、かれこれ10年近く音沙汰なし。
アレハンドロの行方と結末が気になります。

 

100